05:45 2018年11月21日
クレムリン(アーカイブ写真)

モスクワ郊外に水上ホテルとハウスボート街区の建設が計画【写真】

© Flickr/ Axel Axel
アジア
短縮 URL
0 20

モスクワ郊外の運河水域に水上ホテルとハウスボート街区が建設される。ロシア・デンマーク合弁企業「ハウスボート」が、ボルガ川とモスクワ川を結び、5つの広大な貯水池を形成するモスクワ運河のペストヴォとクリャージマ、ヒムキの3つの貯水池を候補地として、計画を進めている。

スプートニク日本

はじめてハウスボートが誕生したのは20世紀初頭の米国。その後、ヨーロッパでも人気が高まり、今、その流行の波がロシアにも達した。

ハウスボート
ハウスボート

各居住街区の基本構想は、水上面積約1ヘクタール(1万平方メートル)に、ロシアで建造されたハウスボートが15から30隻建つというもの。1隻の居住面積は100から160平方メートルとなる。また、駐車スペースとして、岸辺に各居住街区あたり0,5ヘクタール(2500平方メートル)の土地が割り当てられる。

関連ニュース

5つ星で離婚 離婚用の最高級ホテルがオープンへ オーストラリア【写真】

中国で無人ロボットホテルがオープン【写真】

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント