17:09 2018年12月15日
アジア

中国 希少種の魚の大量死では四の建設が一時停止

アジア
短縮 URL
0 02

中国遼寧省錦州市で行われていた橋の建設工事が、近郊の養殖場での約6千匹のチョウザメの大量死をうけて一時停止された。チャイナ・デイリー紙が中国農業省の発表を引用して報じた。

スプートニク日本

同紙の報道によれば、工事の一時停止は、地元政府がチョウザメの大量死を調査した結果、自然保護区で違法に行われていたとみられる橋の建設工事との関連が疑われたため。

地元の漁業管理局の報道官は、「中国産チョウザメを死に至らせ、または国立自然保護区で違法な橋の建設を行っていた、いかなる個人、法人も漁業、自然保護、環境保護に関する法に従い、責任を追及される」とする声明を表した。

中国産チョウザメは絶滅の危機に瀕している。科学者らの説ではこの種の魚は少なくとも1億4千万年前から存在していた。

関連ニュース

インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策【写真】

タグ
環境, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント