00:38 2019年08月21日
偽ニュース(アーカイブ写真)

シンガポール政府、偽ニュース対策法案の成立は「2019年後半」

© Fotolia / Freshidea
アジア
短縮 URL
0 04

シンガポールのイスワラン情報通信相は15日、インターネット上のフェイクニュースへの対策を目的として同国政府が国会に提出した法案について、2019年の後半に成立する見通しだと述べた。

スプートニク日本

英インディペンデント紙によると、イスワラン情報通信相は通信社ブルームバーグとのインタビューで、法案が「いかなる形でも、批判や(市民の個人的)意見、風刺、パロディに対して影響を与えることはない」と強調。

また、情報通信相は「我々は、自由な言論がインターネット上で束縛されずに続いていくことを保証したいと考えている」とも述べている。

4月初め、不確実な情報を含むニュース記事をポータルサイトが削除しなければならないことを定めたフェイクニュース対策法案が、シンガポール政府によって国会に提出されたとの報道があった。法案が成立した場合、シンガポールに自らのアジア事務所を開設しているフェイスブックやグーグル、ツイッターといった企業が打撃を受けるとの指摘もある。これらの企業が運営するプラットフォームが偽情報を削除するのが間に合わない場合、100万シンガポールドルの罰金を支払うことを余儀なくされるというのだ。

関連ニュース

タグ
シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント