16:21 2019年07月16日
中国

WSJ 中国は米衛星を違法に使用している

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
0 52

中国は、禁止を回避して複数の米国製の民間用衛星を獲得し、中国人民解放軍の兵士らと連絡を取ったり、国家の宣伝を広めたり、警察を強化するために利用している。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が、消息筋および企業の報告書をもとに報じた。

スプートニク日本

WSJによると、中国が利用している米衛星は9基。中国は、オフショア金融センターや衛星所有者のネットワークを使ってこの目標を達成したという。WSJはこれに関与している企業として、ボーイングや香港のアジア衛星テレコミュニケーションズ(アジアサット)を挙げている。

米国企業は中国に衛星を販売することが禁止されている。だが米国は、香港は中国から独立していると考えているため、アジアサットは米国製の宇宙機器を購入することができる。中国はこのようにして上記の衛星9基を入手したとみられている。

なお、WSJがインタビューを行った役人や業界の代表者らによると、中国は米衛星を何年も前から使用しているという。

関連ニュース

タグ
軍事, 衛星, びっくり, 香港, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント