01:17 2019年09月22日

週刊ポスト 韓国特集で「配慮に欠けていた」

© Depositphotos / Seewhatmitchsee
アジア
短縮 URL
日韓関係の緊張増大 (74)
254
でフォローする

9月2日に発売された小学館の週刊誌「週刊ポスト」に「韓国なんて要らない」と題する特集が掲載されたことに対し、一部の作家から差別的という批判が相次いだ。こうした批判を受けて「週刊ポスト」の編集部は、「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」とのコメントを発表した。NHKが報じた。

韓国大統領
© Sputnik / Eugeny Odinokov
9月2日に発売された小学館の週刊誌「週刊ポスト」には「厄介な隣人にサヨウナラ韓国なんて要らない」と題する特集が10ページにわたって掲載された。

この中で韓国の学会のレポートをもとにしたという記事は、「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」という見出しで、「10人に1人は治療が必要」と記している。

この特集に対し、作家の柳美里さんが「人種差別と憎悪を煽るヘイトスピーチ」と指摘したほか、哲学者の内田樹さんは「今後小学館の仕事はしないことにしました」と投稿するなど批判の声が相次いだ。

​こうした批判を受けて「週刊ポスト」の編集部は2日、公式ウェブサイトで「多くのご意見、ご批判をいただきました。なかでも「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」という記事に関しては、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」とコメントを発表した。

関連ニュース

竹島も「戦争で取り返す」 丸山議員がSNSに投稿

トピック
日韓関係の緊張増大 (74)
タグ
日韓関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント