20:31 2020年01月21日
アジア
短縮 URL
0 41
でフォローする

在韓米軍駐留経費の負担について米韓の間には依然として隔たりがあり、双方は合意に至らなかった。韓国外交部が発表した。

韓国外交部は「我々はこの協議で、協定が現在の米韓防衛費分担金特別協定(SMA)の枠内において合理的かつ公正でなければならないという我々の基本的な立場を堅持した。両国は相互理解と利害の一致を拡大したが、(中略)まだ隔たりがあることを確認した」との声明を表した。

6回目となった今回の協議の結果、両国は合意の早期締結のために協力することで同意した。次回の協議の日程は、外交チャンネルを通じた議論を行い、決定されるという。

関連ニュース

韓国外相と米国務長官 韓国のホルムズ海峡派遣について協議

タグ
米国, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント