08:03 2020年05月28日
アジア
短縮 URL
0 52
でフォローする

2020年1月17日と21日に撮影された衛星写真により、北朝鮮の元山葛麻(ウォンサンカルマ)国際空港で異常な動きが確認された。米国情報分析サイト「38North」は、軍用機の訓練飛行の準備であろうと推測している。

衛星写真では、戦闘機ミグ21およびミグ17、また補助車両が駐機場に止まっていることが確認された。「38North」サイトは、35機以上の航空機の異常な動きを指摘している。

​これは2019年11月に金正恩氏が戦闘飛行競技に参加して以来、この場所で観察された初の飛行活動となる。活動の目的は明らかではないが、近い将来に飛行訓練が予定されているか、あるいは戦闘行為の準備に関係している可能性もあると「38North」では指摘されている。

関連記事

北朝鮮 人民武力相に次官の金正官氏が昇格

タグ
軍事, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント