16:45 2020年10月30日
アジア
短縮 URL
0 33
でフォローする

台湾国防部は16日、中国軍機が台湾の南西空域を飛行し、台湾の防空識別圏に一時接近したことを確認したと発表した。時事通信が台湾メディアの報道をもとに報じた。

報道によると、同日午後7時(日本時間同8時)ごろ、中国の戦闘機「殲11」と早期警戒管制機「空警500」が台湾の南西空域を飛行した。台湾軍の戦闘機が警告すると、中国軍機は同空域を離れたという。

関連ニュース

タグ
中国, 台湾
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント