17:46 2021年06月16日
アジア
短縮 URL
筆者 :
0 37
でフォローする

中国の全国人民代表大会常務委員会は、必要な場合に同国沿岸警備隊が外国船に対し発砲することを許可する法案を採択した。ロイター通信が報じた。

同法にもとづき、沿岸警備隊は、外国船からの脅威の防止または停止のために、「すべての必要な手段」を利用することが認められる。また同法では、主権と安全保障、国内海上法の保護に関するイニシアティブが承認されている。

また、法律は、係争中のサンゴ区域に建設された他国の建造物除去を沿岸警備隊が行うことを可能とし、また、中国が主権を主張する海域で外国船上に乗り込み、臨検を行うことを認めている。同様に、沿岸警備隊は上記海域への船舶の入海を規制する権利を持つことになる。

関連記事

ロシアと中国の軍事演習は日本に向けられたものではない= ラブロフ外相

タグ
軍事, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント