11:02 2021年02月28日
アジア
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

北朝鮮は労働者向けのレクチャーを行い、「非社会主義的思想」を「社会統一に亀裂」を走らせ、「社会主義体系を破壊」する重い犯罪と非難した。レクチャーの目的は「こうした現象を抑制する」ために市民に闘争の続行を呼び掛けることと説明されている。韓国の北朝鮮民主化ネットワークのネット新聞「デイリーNK」が消息筋からの情報として報じている。

「デイリーNK」の消息筋によれば、2月8日、ピョンヤン郊外の複数の企業では朝鮮労働党幹部らによるレクチャーが行われた。レクチャーの目的は「厚かましくも非社会主義的行為を行い、国と社会の利益を侵害する」者たちに対して大規模に戦い、この者らが「これ以上、顔を上げることができない」ようにするためと説明されている。

「デイリーNK」によれば、講師らは非社会主義的思想への弾圧、刑罰はより厳格化されるとして恐怖心をあおり、政権はこうした犯罪を完全に封じる構えであり、市民には互いに監視する義務があると通達した。

「デイリーNK」によれば、これらの警告への北朝鮮市民の反応は冷ややかで、多くの市民は数十年にわたってあらゆる「非社会主義的行為を排す」闘争を続けてきたわりには一向に何も変化しないと不平を漏らしている。

これより前の「デイリーNK」の報道では、朝鮮労働党プロパガンダ部の行ったレクチャーで米国、日本、韓国が「人民の敵」と名指しで非難されている。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント