19:48 2021年08月04日
アジア
短縮 URL
0 06
でフォローする

韓国初のトランスジェンダーの元兵士が3日、自宅で遺体で発見されたことが分かった。米CNNが報じている。

この元兵士は、ピョン・ヒスさん(23)。ピョンさんは2017年に軍に入隊後、2019年の休暇中に男性から女性への性別適合手術を受けた。その後、ピョンさんは除隊処分を受けた。

​ピョンさんはソウル南部の清州市に住み、メンタルヘルスのカウンセリングを受けていた。

カウンセラーが2月28日以降ピョンさんと連絡が取れないと救急隊員に通報したところ、3月3日、ピョンさんは自宅で亡くなった状態で発見された。死因は明らかになっていない。

ピョンさんは、2020年2月、除隊の取り消しを求めて韓国軍に訴訟を起こしたが、軍は7月、その請求を棄却した。また、ピョンさんとともに活動してきた「韓国軍人権センター(CMHRK)」によると、ピョンさんは2020年8月に陸軍参謀総長に訴訟を起こし、4月に行われる口頭弁論に出席する予定だった。

関連記事

タグ
軍事, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント