03:36 2021年09月26日
アジア
短縮 URL
0 11
でフォローする

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領はCOVID-19のパンデミックによる非常事態の期間を早期に解除されず、また延長もされない場合、2022年9月12日まで、さらに1年延長する決定を下した。

フィリピンの非常事態の1年延長の決定は感染抑制策にもかかわらず、新規感染者、死亡者数が一向に下げ止まらない状況からとられた。

非常事態体制であれば、国、地方自治体はワクチン接種を実施し、パンデミック対策基金を使用し、基本的食品の価格を調整し、国民へ支援を行うことができる。

フィリピンではパンデミックの開始から今までに216万人が感染し、3万4700人以上が死亡している。

関連ニュース

タグ
フィリピン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント