09:56 2018年07月18日
ガスプロム

ギリシャとロシア、ガスパイプライン 敷設の早急化の構え

© Sputnik / Igor Ageyenko
経済
短縮 URL
0 120

ギリシャのラファザニス・環境エネルギー相とロシアとノヴァク・エネルギー相、ガスプロム社のミレル社長は会談を実施し、ロシア産ガスの欧州供給のためのパイプライン敷設について話し合った。敷設は2019年までに行うことで合意に達している。ギリシャ環境エネルギー省広報が明らかにした。

ラファザニス環境エネルギー相は5月29-30日とロシアを訪問中。すでにストルチャク財務次官との会談を終えている。

ラファザニス環境エネルギー相は「ミレル社長は作業を早急に進め、2019年までに敷設を終える必要性を強調し、ガスプロムとしては欧州諸国の需要を満たすため、このパイプラインに十分なガスを供給することを約束した」と語っている。

関連:

ギリシャ債務、欧州市民は「自力で返済せよ」
「お金ありません」ギリシャ、IMFに対する債務不履行を示唆
ギリシャ政府:「トルコ・ストリーム」をめぐるロシアとの交渉、終結へ
ギリシャは議会の投票によるパレスチナ承認を望んでいる
タグ
ガスプロム, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント