20:20 2017年08月19日
東京+ 25°C
モスクワ+ 28°C
    ロシアとイラン 自国通貨での相互決済の用意

    ロシアとイラン 自国通貨での相互決済の用意

    © AFP 2017/ Tiziana Fabi
    経済
    短縮 URL
    2474150

    ロシア輸出信用保険・投資機関とイランは、自国通貨での相互契約保障に関する合意に達した。同機関のアレクセイ・チュパノフ代表が伝えた。

    ロシア対外経済銀行の子会社であるロシア輸出信用保険・融資機関は、商業的及び政治的リスクから輸出・投資契約を守る保険を提供する。なおイランにおいて同機関は、イラン輸出投資保証機関と協力する。

    チュパノフ代表は、次のように指摘した―

    「我々とイラン側は、リスク交換で合意した。もし我々にイラン国内でのプロジェクトがある場合、彼らは、我々にその補償を与える。一方彼らにロシア国内でのプロジェクトがある場合は、その逆になる。我々は今、彼らとの間で、そうした方法のテストを始める。今のところは、1千万から2千万ドルの少額取引から始めるつもりだ。」

    ロシアとイランは、両国間の貿易取引額を現在の17億ドルから100億ドルに増やしたい考えだ。貿易拡大にとって最大の障害となっているのは、制裁が残っている事から、米国ドルあるいはユーロでイランの銀行と決済ができない事である。

    チュパノフ代表は「イランとの決済の制限を回避する方法の一つは、第三国の銀行を通さずできる国の通貨での取引の額を増やす事だ、」と指摘している。

    タグ
    イラン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント