00:27 2017年08月17日
東京+ 22°C
モスクワ+ 24°C
    石油プラットフォーム

    ロシア、自国の原油ブランドを用いて原油販売時のドル決済からの撤退を希望

    © Flickr/ Ken Lund
    経済
    短縮 URL
    21615140

    ロシアはロシアの主要な輸出製品、ウラル原油先物売却に向けた準備を開始した。ロシアはウラル原油の販売による収益を増加させ、米ドル相場への依存を脱却したい考え。

    現在、低品質のウラル原油は基準となるブレントより安く販売されている。独自の先物市場を開くとロシアは同原油の価格決定メカニズムに関与できるようになり、ロシア企業は追加収入を得て業績を改善することができる。サンクトペテルブルク国際商業取引所のアレクセイ・ルィブニコフ代表が語った。

    同氏によると、「ロスネフチ」、ルクオイル、「ガスプロムネフチ」など、ロシア最大の石油会社は、いずれも新しい先物の実施を支持している。

    関連:

    ブルームバーグ 原油の新たな「マジックナンバー」を告げる
    ブルームバーグ:イランは「1カタール分」原油生産を拡大する計画
    ナイジェリア、石油狙いの海賊に毎月15億ドルを奪われる
    タグ
    石油, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント