03:41 2018年11月21日
ハバロフスク地方のシュポルト知事

ハバロフスク空港の施設新設事業で日本企業との交渉大詰め

© Sputnik / Vladimir Trefilov
経済
短縮 URL
151

極東最大の空港であるハバロフスク国際空港(ノーヴィ空港)の新旅客ターミナルの建設・運営に関する日本企業との交渉は最終段階にある。ハバロフスク地方のシュポルト知事がスプートニクのプレスセンターで記者団に話した。

スプートニク日本

昨年、日本商社の双日株式会社とハバロフスク空港が新旅客ターミナルの建設と運営に係る共同事業で合意したことが伝えられていた。

シュポルト知事は、ハバロフスク地方政府とロシア中央政府としてできることは全て行ったと述べ、「現在、この2社は建設の財政モデルについて合意しつつある。我々は既に仕事を始めており、いかなる条件でも建設は行われるだろう」と付け加えた。

本事業は、空港の輸送能力拡大、空路網の拡大、旅客輸送サービスの国際水準保証を目的としている。

関連記事

サハリン-北海道をつなぐ連絡路 少なくとも7年は必要 露交通相

5年ぶり日露経済合同会議:ビジネス環境が改善しても、ロシアへの投資が伸びない理由とは?

タグ
航空, 露日経済協力, 露日関係, 極東, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント