14:39 2018年11月17日
ビットコイン

2017年度暗号首都ランキングが公開

CC0 / pixabay
経済
短縮 URL
221

暗号通貨・ブロックチェーン国際分散化協会(IDACB)による2017年度世界の暗号首都ランキングの上位をニューヨーク、クアラルンプール、シンガポールが占めた。

スプートニク日本

同協会は「世界の暗号首都トップ10にはニューヨーク、クアラルンプール、シンガポール、ロサンゼルス、ドバイ、ジャカルタ、香港、シドニー、デリーがランクイン。国のランキングには(大差をつけて)米国、インド、マレーシア、ナイジェリア、オーストラリア、カナダ、ドイツ、インドネシア、シンガポール、アラブ首長国連邦。」

これらの諸国の監督省庁はまだ、仮想通貨を完全に合法化していないが、仮想通貨市場における取引の実施、マイニング(採掘)、ICO(新規仮想通貨公開)のためのルールを作った。

このランキングは人工知能(AI)が作成。2017年の世界の出来事全てと、仮想通貨への価格への影響に関するインターネット上の情報を学習した。AIが用いたオープンソースのデータは以下の通り。ICOの結果やICOを用いたスタートアップ企業、ブロックチェーン技術市場の伸び、「ブロックチェーン」「マイニング仮想通貨」「仮想通貨ランキング」「仮想通貨トレーディング」「ビットコイン」「イーサリアム」というテーマに関係するSNSや動画共有サービス。2017年で、計100億箇所以上の情報源を分析した。

関連ニュース

ロシア、ビットコイン・シティ建設を検討

極東、仮想通貨マイニングを実施へ

タグ
仮想通貨・暗号通貨, 番付・ランキング, 人工知能, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント