00:05 2018年10月24日
マスク氏

マスク氏をテスラ取締役会長から外すべきという株主への提案

© AP Photo / Noah Berger
経済
短縮 URL
142

コンサルタント会社「インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)社」は米テスラの株主に、イーロン・マスク氏と取締役2人を現役職から外すべきだと提案した。

スプートニク日本

ブルームバーグはISS社のレポートとして「株主は独立した取締役会長の形の最も強い形態の独立した取締役会の監督から恩恵を受けるだろう」と伝える。

マスク氏は現在テスラのCEO兼取締役会長で、5分の1の株を持っている。

アナリストの見解によると、投資家アンソニー・グラシア氏を意思決定時のバイアスを理由に、メディア王ルパート・マードック氏の息子、ジェイムス・マードック氏を他のプロジェクトへの関与を理由に取締役から外す必要がある。

関連ニュース

イーロン・マスク氏、テスラ再編を準備

タグ
経済, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント