17:00 2018年09月19日
トランプ氏

トランプ大統領「対シリア経済援助は他の裕福な国々の責任」

© AFP 2018 / NICHOLAS KAMM
経済
短縮 URL
148

ドナルド・トランプ大統領は米国によるシリアへの経済援助を不合理であるとし、同国の安定化に向けた援助は「他の裕福な国々」によってなされる必要性があるとの考えを明らかにした。

スプートニク日本

トランプ大統領は、「米国はシリアの成長に向けた2億3000万ドルに及ぶばかげた経済援助を凍結している。サウジアラビアやその他中東の裕福な国々が米国に代わり同国に対する援助を開始する。私が成長させたいのは米国、米軍、そして我々を援助している国々だ」とツイートした。

米国務省のヘザー・ノーアート報道官が伝えるところでは、シリアの成長に向け拠出が予定されていた2億3000万ドルは他の用途で用いられる。同報道官はまた、米国による援助の凍結はシリアにおける人道支援に影響を与えないものとしている。

​関連ニュース

トランプ大統領「米牧師解放でもトルコに何も支払わず」

世界は米国が仕掛ける貿易戦争に向けて結束:専門家「トランプ氏の最大の誤算は米国の孤立」

トランプ大統領に抗議行動 350の報道機関が結束

タグ
経済, ドナルド・トランプ, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント