09:31 2018年09月22日
露日、首脳会談後に一連の文書を交換

露日、首脳会談後に一連の文書を交換

© Sputnik / Mikhail Klimentyev
経済
短縮 URL
0 62

ロシアと日本は、プーチン大統領と安倍首相の会談後、一連の文書を交換した。

スプートニク日本

特に両国の特命全権大使は、所得に対する租税に関する二重課税の除去のための条約発効に必要な手続きの実施に関する外交文書を交換した。

またロシアの農業ホールディング「ルスアグロ」と「三井物産」は協定に署名し、「スコルコヴォ」基金と経済産業省は「スコルコヴォ」と「IoT推進コンソーシアム」間の協力協定を締結した。

ロシア直接投資基金(RDIF)は、「АЕОН」及び「丸紅」とボルゴグラードでの化学企業プロジェクトの実施に関する合意書を締結、また国際協力銀行と共同投資協定を結んだ。

開発対外経済銀行は、国際協力銀行と共同プロジェクトへの融資協定に署名した。

大手通信会社「ロステレコム」と「スカパーJSATホールディングス」、また「イルクーツク石油会社」と「東洋エンジニアリング株式会社」も2者間で文書を締結した。

関連ニュース

プーチン、安倍両首脳の見守る中 マツダ車のエンジン工場が始動【写真】

タグ
露日関係, 経済協力, 東方経済フォーラム, ウラジーミル・プーチン, 安倍晋三, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント