09:06 2018年10月23日
在ロシア米国商工会議所のアレクシス・ロジャンコ会頭

制裁続行なら米国企業のロシア完全撤退もありうる 米国商工会議所

© Sputnik / Alexey Kudenko
経済
短縮 URL
0 70

在ロシア米国商工会議所のアレクシス・ロジャンコ会頭は、米国がさらなる制裁を発動し、それにロシアが報復措置を講じた場合、ロシアで事業展開する米国企業がすべて撤退する実際的な危惧も依然として残されていることを明らかにした。

スプートニク日本

ロジャンコ会頭は国際討論クラブ「ヴァルダイ」で演説したなかで、「企業が一番憂慮しているのは制裁だ。それは現行のものだけでなく、これからさらに補足されうる制裁が出てくる恐れがあるからだ。しかもこうした脅威は米国側から増していることが多いが、ロシア政府側からもある」と語っている。

ロジャンコ会頭は、制裁は「事実上、米国企業全社にロシアからの撤退を強いるものだ。なぜなら制裁は銀行システムとの作業、鉄道輸送を禁じ、ガスの購買を禁じており、これによりロシアでの生産は事実上不可能になりつつあるからだ。現時点ではその恐れがあるという状態だが、この脅威は宙ぶらりんのまま存在している」と述べた。

一方でロジャンコ会頭は、状況は依然として複雑なままであるものの、実業界は作業、拡大を続けており、投資までもが止められていないと指摘している。

関連ニュース

米国に、下院議員を支持するプーチン大統領の偽の手紙が出回る

地震で中止の日米軍事訓練、中露による演習と同時実施の当初予定 心配する理由はあるのか?

タグ
経済, 制裁, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント