12:19 2018年10月20日
メキシコ

メキシコ次期大統領、国の破綻について発言する

© Flickr/ Christian Frausto Bernal
経済
短縮 URL
131

メキシコ次期大統領に選出されたロペスオブラドール氏は、国の破綻について発言した。

スプートニク日本

ロペスオブラドール氏は、ナヤリット州で支持者らと会い、「国は現在破綻状態にあるため、国が求めていることをすべて行うことはできないだろう。だが選挙運動中に約束したことをすべて実行できるのは明らかだ」と語った。

なおロペスオブラドール氏は先に、経済問題が存在することは認めたが、マクロ経済の安定性を指摘し、政治危機は存在しないと述べ、異なる発言をしていた。

12月1日に大統領に就任するロペスオブラドール氏は、選挙運動中に、年金や若者への社会支出を大幅に増加し、公務員の維持費を削減することを約束したほか、ガソリンや電気料金を引き上げないことを保証した。

関連ニュース

最近の、世界を揺れ動かした破産5選

空から撮った写真が、貧富の差を示す

タグ
経済, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント