10:35 2018年11月13日
原油の採掘(アーカイブ写真)

国際原油価格は下落更新 米国備蓄増と世界の採掘増が引き金

CC BY 2.0 / Justin Vidamo / The Burning of the Sky
経済
短縮 URL
0 10

国際原油価格は2日、米国の備蓄増と世界中の採掘量の伸びを背景に、これが週明けに開始の米国の対イラン制裁発動で市場からイラン産原油が消えた後を補てんできるとの憶測が高まり、安売り開始から下落し続けている。

スプートニク日本

日本時間13時50分の時点でブレント原油1月先物価格は0.07%安の1バレル72ドル83セントに、WTI原油12月先物価格も0.16%安の1バレル63ドル58セントの値を付けている。1日、ブレント原油価格は74ドル台を切り、8月以来の最安値を記録した後、さらに一時73ドルにまで落ち込んだ。

関連ニュース

タグ
石油, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント