19:44 2018年12月19日
ロシア中央銀行(アーカイブ写真)

ロシア銀行、原油価格の下落(1バレル=35ドル)に向けて準備

© Sputnik / Natalia Seliverstova
経済
短縮 URL
0 60

ロシア銀行が策定した2019年のリスクシナリオは、原油価格が1バレル=35ドルまで下落することを想定している。ロシア連邦中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ総裁が、議会の演説で述べた。

スプートニク日本

リスクシナリオには、対ロシア制裁の大幅強化や、ロシアからの資本流出も記載されている。またロシア経済に関しては、景気後退や「インフレ率の2桁への短期的な急上昇」が想定されている。

さらにナビウリナ総裁によると、金融政策を強化する必要が生じる可能性もあるという。

一方、ナビウリナ総裁は、中央銀行には「それに対処するための手段がある」と強調した。

関連ニュース

国際原油価格 大幅な値動きから一転して安定

米、対露新制裁の導入延期へ ブルームバーグ報道

タグ
経済, ドル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント