01:29 2019年10月22日
東京証券取引所(アーカイブ写真)

日本製造業の楽観 予測を上回る 日銀短観をOEが高評価

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
経済
短縮 URL
筆者 :
0 13
でフォローする

14日に発表された全国企業短期経済観測調査(日銀短観、海外ではTankan)に対し、英国の分析会社「オックスフォード・エコノミックス」(OE)は日本の実業界全体の景気が適度に改善されていることが示されたとする見方を表した。

スプートニク日本

日本銀行が四半期ごとに表す景気指標の日銀短観では、大企業・製造業の業況判断指数(DI)はプラス19で、「オックスフォード・エコノミックス」が分析を行った時点ではプラス17にまで下がった。その前の3四半期は続けて下がっていた。

「オックスフォード・エコノミックス」は大企業は今年度はもう収益減を予期しておらず、9月に自然災害を被った地域の復興作業も経済成長に刺激を与えることができたと読んでいる。

「オックスフォード・エコノミックス」は全体として日銀短観は「景気全体の適度の改善と恒常的に高い企業の投資計画」を示したと指摘している。投資統計は14.3%上昇した。

関連ニュース

日本の7~9月期の鉱工業生産指数、2期ぶりの減産

漁業大国の地位を失いつつある日本

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント