11:38 2020年06月04日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシアはインドネシアとの数年来の軍事技術協力で25億ドル超相当の軍備の供給を行なってきた。23日、ロシア国営兵器輸出企業「ロスオボロンエクスポルト」社がプレスリリースで発表した。

スプートニク日本

ロスオボロンエクスポルト社は同日、装甲兵員輸送車「BT− 3F」の供給の契約締結について発表した。同車両についてはこの 契約は歴史上初めての国外の発注者との取引で、 相手国はインドネシアとなった。

プレスリリースには、「 旧ソ連とインドネシア共和国との軍事技術協力は1958年からは じまった。1992年以来のインドネシアに対する軍備品供給高は 、25億ドルを超えた」と記されている。

関連ニュース

タグ
軍事, インドネシア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント