16:48 2019年09月21日

米国 ファーウエイに対して90日の制裁猶予 同時に関連46社を制裁対象に追加

© AP Photo / Andy Wong
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

米商務省は19日、安全保障上の理由から米国企業による輸出禁止先のリストに、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の関連会社46社を新たに追加したことを明らかにした。時事通信が報じた。

米中貿易摩擦が激しさを増す中、トランプ政権はファーウェイに対する締め付けをさらに強化した。この輸出禁止措置により、中国の反発は必至とみられている。

ただし、商務省は、米国内の利用者に影響が及ぶのを避けるため、ファーウェイが米国内で展開する通信ネットワークやスマートフォンの保守に関わる分野に限定した取引猶予措置を延長すると発表した。本来であれば19日に猶予期限が切れるが、11月18日までの3カ月延ばすこととした。


米商務省は5月、ファーウェイを「ブラックリスト」に登録し、同社が米国メーカーの部品や技術を購入する道を断った。ファーウェイはまた、ライセンスなしで米企業と取引することを禁じられる企業リストにも入っている。

関連ニュース

タグ
貿易, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント