04:21 2020年01月28日
経済
短縮 URL
131
でフォローする

英国のEU離脱の決定は、すでに英国経済に約18兆6000億円の損失を与えた。ブルームバーグ・エコノミクスの調査で明らかにされた。ブルームバーグ・エコノミクスは、2016年から2019年の英国とその他の「G7」諸国の経済成長を比較した。

ブルームバーグ・エコノミクスによると、英国経済は歴史的にG7諸国に遅れをとっていたが、EU離脱を決定した後、遅れがさらに強まった。

「G7」の他の国の結果に基づいた場合、現在、英国の経済成長率は可能な数値より3%低い。

ブルームバーグは、EU離脱によって英国経済が被る損失は2020年末までに約29兆円に達すると予測している。

英下院は9日、EU離脱関連法案を可決した。次は上院で審議される。ジョンソン英首相の報道官は上院に対し、法案の承認を妨げないよう呼びかけた。

先にEUは、英国のEU離脱期限を2020年1月31日まで延期することに合意した。


Brexit: 英国のEU離脱

英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉開始は、2016年6月23日 にキャメロン元保守党首相の発案で実施された「英国の欧州連合離脱是非を問う国民投票」の結果がその根拠となった。

この国民投票で投票者の51.9%がEUからの離脱、48.1%が残留を選んだ。しかし、この国民投票ではスコットランド(62%)と北アイルランド(55.8%)の多くの人々がEU残留を選んでいた。

「EU離脱」の投票結果を受け、残留を支持していたキャメロン元首相は辞任を表明。その後、英国議会はEUの離脱案について全会一致の承認ができず、採決が繰り返されたため、離脱期限は何度も延期された。

キャメロン元首相の後任、メイ前首相にもEU離脱の行き詰まりは打開できなかった。

メイ氏に代わって首相に就任したボリス・ジョンソン氏は、離脱協定の有無にかかわらず、英国はEUから離脱すべきだと主張している。

当初の予定では離脱期限は2019年3月29日だった。度重なる延期を経て、現時点では2020年1月31日に設定されている。

タグ
欧州連合, 欧州, 経済, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント