08:06 2020年10月25日
経済
短縮 URL
0 51
でフォローする

ロシア石油大手の「ガスプロム・ネフチ」は無人体制での原油採掘プロジェクトを2025年から開始するよう計画している。社員は資格を引き上げ、採掘管理センターでのより複雑な知的プロセスにさし向けられる。

ガスプロム・ネフチ社の代表によれば、技術導入は2023年に開始され、陸上の油田で使われる。

ガスプロム・ネフチ社は新技術により遠隔の施設での作業がスピーディーに行えるようになるため、プロジェクトの資本支出、運営支出の削減が可能となると期待している。その上、生産の安全性も高まる。

これにより労働力は76%も削減できる。そのうち50%はデジタル化のおかげで削減が実現し、さらにかなりの割合が新素材の使用で軽減が可能となる。

関連ニュース

タグ
ロシア, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント