09:01 2020年10月25日
経済
短縮 URL
0 42
でフォローする

ドナルド・トランプ米大統領は6日、野党・民主党が過半数を占める下院とは追加経済支援策に関する協議を継続しない姿勢を示した。

トランプ大統領は6日、ツイッターに投稿した中で、野党・民主党が過半数を占める下院との協議には応じない姿勢を示した。

トランプ大統領は1兆6000億ドルの追加経済支援策を表明しているが、下院のナンシー・ペロシ議長(民主党)は2兆4000億ドルの拠出を要求している。

トランプ大統領はツイッターの中で、ペロシ議長は「管理が悪く、しかも犯罪率が高い民主党系の州を支援することを要求している」としたうえで、「これらの資金はCOVID-19に関係がない」、「彼女の交渉に良心はない」とし、協議の中止を明らかにした。

続けてトランプ大統領は、「協議を拒否し、私は国の未来を見守る」とつづった。

また、大統領選が終わるまで協議は行わないよう側近に命じたという。「私が勝利したら、すぐさま大規模な経済支援対策を発表し、汗を流す米国人と小規模ビジネスを支援する」とツイッターに投稿した。

また、トランプ大統領は、最高裁判所の判事承認に関する手続きを急ぐよう、ミッチ・マコーネル上院議員(上院多数党院内総務)に要求した。

関連ニュース

 

タグ
ドナルド・トランプ, 経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント