01:02 2021年03月09日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

米国では、米財務長官に就任予定のジャネット・イエレン氏の下で、暗号通貨が厳しく監視される可能性がある。イエレン氏は、テロリストやその他の犯罪者によるビットコインの利用について問われ、暗号通貨は「特別な懸念を呼んでいる」と答えた。

またイエレン氏は、不正取引とマネーロンダリングにおける暗号通貨の役割も強調した。同氏は、テロリストの暗号通貨利用を防ぐために、政府はテロ資金供与対策に関する活動方法を近代化する必要があると指摘し、暗号資産取引の監視などを挙げた。

マネーロンダリングとテロ資金供与

電子マネーの非合法的性質により、今や電子マネーと聞くとダークネットやテロリストを連想する人が多くなった。政治家や金融規制当局は、暗号通貨は法律の観点から厳しく制限あるいは完全に禁止されるべきだと繰り返している。実際にモネロのような匿名性の高い暗号通貨はハッカーの間で需要がある。モネロは、ゆすりや密かなマイニング行為のスキームの一部となることが多い。一方、現在ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の取引を追跡することは十分可能となっている。

ビットコインは犯罪者の間で需要がある。なぜなら当局は以前、ビットコインとは何なのか、またビットコインを追跡する方法(多くの人がビットコインは取引の匿名性を保証すると確信していた)や、ビットコインを評価する方法を理解していなかったからだ。しかし状況は変わり、警察は現在、これらの問題に積極的に取り組んでいる。

統計によると、電子マネーに関連する犯罪は、法定通貨に関連する犯罪よりもはるかに少ない。メサーリ(Messari)社のアナリストらによると、犯罪者がビットコインを使用する割合はドルの800分の1だという。

関連記事

タグ
仮想通貨・暗号通貨, 通貨, 経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント