22:05 2021年09月24日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

ブロックチェーン・プラットフォームのポリ・ネットワークは、安全保障面でのチーフアドバイザーの役職をハッカーに提案した。このハッカーはシステムの脆弱性を発見し、「娯楽とし」て同社から6億ドル相当(約659億円)の仮想通貨を奪い、その後、全額を返金すると約束した。ブルームバーグが報じた。

現在、ポリ・ネットワークは、強奪者に「ミスター・ホワイトハット」と呼びかけを行っている。同社は脆弱性を警告したハッカーをこのように呼んでいる。同社は、「感謝を示すため、ハッカーに私たちの企業の安全保障面でのチーフアドバイザーに就任するよう提案している」と明らかにした

同様にポリ・ネットワークは、「法的責任をハッカーに課す」ことはなく、それは企業では「ミスター・ホワイトハットは早急にポリ・ネットワークとそのユーザーに資産管理を戻す」と確信しているためだと強調した。

現在、ハッカーは2億3500万ドル(約258億円)の返金が残っている。

この間、ハッカーは、彼らが発見した脆弱性に対しポリ・ネットワークが提案した報酬50万ドル(約5488万円)を拒否している。

関連ニュース

タグ
ハッカー, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント