21:20 2021年09月20日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

取引データによると、8月の原油価格は、ブレント原油は6.1%、WTI原油は7.3%と、2020年10月以来の最大の下落となった。

31日の取引の結果、ブレント原油の11月先物の価格は0.7%値下がりし、1バレルあたり71.63ドルとなった。10月先物の価格は0.56%値下がりし、1バレルあたり72.99ドルとなった。また、WTI原油の10月先物の価格は1.03%値下がりし、1バレルあたり68.5ドルとなった。

8月、ブレント原油価格は6.1%減少し、WTI原油価格は7.3%減少した。8月20日までの1週間で、石油相場は2020年10月末以来の記録的なペースで下落した。

今週、投資家は、メキシコ湾でのハリケーン「アイダ」の影響に注目している。米国エネルギー省は、ハリケーンが米国ルイジアナ州の少なくとも9つの石油精製施設の稼働に影響を与えたと発表した。専門家によると、これはOPECプラス会合の開催とともに、石油価格の変動に影響を及ぼすという。

サクソバンクの原料市場戦略局責任者オレ・ハンセン氏は、ブルームバーグに対し「OPECプラス会合を前にいくつかの懸念があるほか、ハリケーン『アイダ』が需要に短期的な悪影響を及ぼしているという認識があるが、供給には影響を与えないだろう」と語った

関連ニュース

タグ
石油, OPEC, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント