03:21 2021年09月26日
経済
短縮 URL
0 21
でフォローする

雇用、教育、収入の人種的不平等は、過去30年間で米経済に約22兆9000億ドルの損失をもたらした。少数派の数が増えているため、この額は増える可能性がある。ブルームバーグが経済学者らの報告書を引用して報じた。

学者らは論文で、人種的不平等が1990年以降の国内総生産(GDP)の成長にどのような影響を与えたかを推計した

学者らは、労働と雇用の指標を使用して不平等のコストを測定した。黒人と白人間の賃金格差や雇用水準の格差が結果に影響し、これらの要因は生産の損失を促進した。

学者らは報告書で「残念ながら、構造的障壁が多くの米国人を妨げ、数百万人の才能が過小評価された。そして不平等の被害者だけでなく、すべての人にとって、豊かさが失われる結果となった」と指摘している。

人種的及び民族的マイノリティの雇用機会の格差は、そうでなければ生産を増加させる可能性のある人材の大幅な活用不足を示していると強調した。

学者らはこれらのデータについて、GDPの成長はすべての人にとって有益であり、不平等との戦いでは誰も負けることはなく、その反対に「私たちはパイの一片をさらに分け合うのではなく、実際には、すべての人のためにそのパイのサイズを大きくしている」ことを示していると説明した。

将来的に、このような差別の負の効果は強まるが、資源の公正な配分は、逆に、確固たる経済成長の基盤を提供すると指摘している。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント