06:58 2020年10月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
筆者 :
新型コロナウイルス (590)
0 90
でフォローする

新型コロナウイルスは世界のいたるところで休むことなく人間の生命を奪い続けている。治療効果の高いワクチン、治療薬はまだ作られていない。ウイルスと戦う最適な方法は初期段階の診断で感染を見破ることにつきる。ロシア直接投資基金は3月16日、露日の研究者らが開発した新型コロナウイルスのハイスピード高精度の検査システムの生産へ投資を行うことを明らかにした。


感染を確認するプロセスは複雑で時間がかかる。トランプ米大統領も新型コロナウイルスの検査結果は翌日まで待たねばならなかった。結果は陰性だった。ロシア直接投資基金のキリル・ドミトリエフ会長によれば、開発されたキットは実験室を介さずに大人数の検査ができるだけではなく、正確度の高い結果がわずか30分で得られる。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

検査は実験室でも出来るが、小型トランクを使った移動式ミニ実験室でも行うことができる。検査を行うのには病院でも、学校、空港、駅でも場所を問わない。

ドミトリエフ会長は「新型のエクスプレステストを使えば、一切の初期症状が出ていなくても人体内のCOVID-19の有無が迅速かつ正確に見極められる。初期段階で感染を見極めることで、患者を隔離し、回復の可能性を高めることができる」と語っている。

今使われている検査方法は?

現段階では感染が確認された国の大半は、検査方法には世界保健機関(WHO)の勧告に従い、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)メソッドを使っている。まず、喉の粘液、唾液、痰を採取し、実験室でこれからリボ核酸(RNA)を取り出す。このRNAにウイルスのゲノムが含有されている。さらにRNAをDNAに変化させる酵素を加える。この後、ウイルスに感染させたDNAの複製をつくり、その中にSARS-CoV-2ゲノムに合致する配列を探す。もし同じ配列があれば、検査結果は陽性とされる。このPCRメソッドは現在、最も広範に用いられているものだが、大きな欠点がある。検査機器や試薬が高額につくこと、分析結果が簡単には得られないことだ。

新たなメソッドの長所は?

コロナウイルス
© 写真 : Public domain / CDC/ Alissa Eckert, MS; Dan Higgins, MAM
ロシア直接投資基金側は新たな検査方法について「等温過程の分子診断メソッド『SmartAmp』を応用しており、今用いられているPCR技術の精度に劣ることなく、時間を著しく短縮することができる上に一定の実験室環境を要さない」と自信を示している。

基金の広報部はスプートニクからの取材に、日本側のパートナーの名前を明かすことも、メソッドの具体的な説明も明かそうとはしなかった。ただし今まで明らかにされている説明から、おそらくLAMP法に基づいたものであると推測できる。LAMP法は高感度で、かつ迅速に結果が得られ、高価な機器や複雑な分析を必要としない。このメソッドを世界に先駆けて開発したのは日本の栄研化学株式会社で 1998 年のことだ。

露日合同の新検査法の実験はロシア、ノボシビルスク州にある主導的なウイルス学バイオテクノロジー・センター「ヴェクトル」で行われている。4月にはパイロット調査がスタートし、大規模な検査開始は5月になる見込み。現在は認定証および、欧州、アジア、中東での使用許可証の取得段階にある。


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
露日経済協力, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント