07:24 2020年05月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

ロシアのフィギュアスケーター、クリスチナ・ショシナ選手(20)が新型コロナウイルスに感染した。ショシナ選手本人が、滞在中のイタリアからロシアのスタニスラワ・コンスタンチノワ選手(19)へのインスタライブで明かした。

サンクトペテルブルク出身で、最近20歳になったばかりのショシナ選手。2011年にはタリントロフィーのアドバンストノービスクラスで優勝。ミハイル・コリヤダ選手(25)の元コーチ、ヴァレンチナ・チェボタレワ氏に師事し、女子シングル選手として出場。ペアスケーティングにも挑戦した。

ショシナ選手は以前、自身のインスタグラムでクルーズ旅行していると明かしていた。ショシナ選手を乗せた船は現在、イタリアに停泊しており、全乗客にコロナウイルスの感染検査が行われた。

ショシナ選手は「船にはロシア人が10人が乗船していて、全員新型コロナウイルスの検査を受けました。そのうち9人は陰性で、(私)1人が感染。それで私はここに残っているんです。くよくよはしていません。昨日はワインを飲んで自分の内側から消毒することにしました。でも船では本当に怖かった。人々は事態の深刻さを理解していません」と今までの経緯を語った。

船内での隔離が難しいことはショシナ選手も認めており、一時はパニックに襲われたと明かした。

ショシナ選手は「私はクルーズ船のキャビンにいましたが、(周囲で起きていることが)何もわかりませんでした」と語っていた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント