08:46 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 24
でフォローする

京都府の西脇知事と京都市の門川市長は10日午前、京都市内で記者会見を開き、「緊急事態宣言」の対象に京都府を加えるよう政府に要請する意向を固めた。会見の様子をもとにNHKが報じた。

会見の中で西脇知事は「この1週間で感染経路が不明の人が大幅に増加しており緊急事態宣言が出された7都府県と比べても同等の厳しい状況だ。さらなる感染拡大防止を徹底するため、国に宣言の発出を要請することにした」と発言し、「緊急事態宣言」の対象に京都府を加えるよう日本政府に要請する意向を明らかにした。

また西脇知事は「要請したからといって決まるわけではないが、気持ちとしてはすぐにでも加えてほしい。宣言が出ていないとなると、『京都は大丈夫じゃないか』というあらぬ誤解を招く」と述べた。なお、京都府として独自の宣言を出す考えについては明言を避けた。

9日時点で京都府内の感染者は165人に達し、関西では「緊急事態宣言」の対象となった大阪と兵庫に次いで3番目に多い。


関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント