18:42 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 37
でフォローする

世界保健機関(WHO)の緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、新型コロナウイルス(Covid-19)について、時間の経過とともに消え去ることはなく、人類が毎日つきあわなければならない病気になる可能性があるとの考えを示した。

ライアン氏は13日のオンライン記者会見で、ウイルスを根絶することはできないかもしれないと指摘した。

同氏は新型コロナウイルスについて「このウイルスは風土病となり、消え去ることはないかもしれない。HIV(エイズウイルス)は消えなかった。だが我われはHIVを制御下に置くことができ、治療薬を見つけた。

そして今、人々はもうこのウイルスをかつてほど恐れてはいない。私はこの2つの病気を同一視することはしないが、現実主義者であることが重要だと考えている。このウイルスがいつ消え去るのか、また消え去るのかどうかを正確に言える人は誰もいないと思う」と述べた。

またライアン氏は、はしかを例に挙げ、ワクチンによってウイルスを根絶することはできないかもしれないとの考えを示した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント