15:19 2020年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 54
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミック状況で在宅勤務へ移行した日本企業の中で、日立製作所が今後も在宅勤務を標準する方針を明らかにした。NHKが報じている。

日立製作所のプレスリリースによれば、同社は日本政府の緊急事態宣言発令後、7割の職員が在宅勤務へ移行した。緊急事態宣言は解除されたものの、日立製作所はワクチン、治療薬の開発、実用化までの期間、感染防止の取り組みは引き続き必要と判断し、在宅勤務を7月末まで延長することを決めた。また第2、第3のウイルス感染や自然災害が発生した状況でも通常通りの企業活動が維持、継続できるように新常態(ニューノーマル)での事業推進体制を早期に構築すると宣言している。

在宅勤務に発生する光熱費、備品購入費用を補助し、出社の際に必要となるマスク、消毒液の費用を月3000円支給するなどの短期的支援から、長期的視点では在宅での勤務成果を正しく評価するシステムを導入し、成果に合わせて賃金を決める「ジョブ型人材マネジメント」へ転換していく。

日本の在宅勤務への転換については政府は2月、感染拡大の初期段階でテレワーク推進を呼びかけ、大手企業を中心に切り替えが行われた。一方で対面式ビジネスを尊重する日本社会では出社を求める企業も多く、日本流の緊急事態への対応について在日の外国人からは不可解とする声も多くあげられている。今回の日立製作所の新しい取り組みが日本社会の働き方を変えるきっかけになるか、期待が寄せられている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 日本, 日立
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント