01:21 2020年07月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

ネコとミンクの新型コロナウイルスの症状として、発熱、咳、くしゃみ、鼻水と涙、また一部には嘔吐と下痢を伴う急性腸感染症の兆候が見られることが分かった。犬の場合、症状はないという。ロシア農業監督庁が世界獣疫事務局(OIE)の情報をもとに発表した。

同監督庁広報は研究者の話として、ペットの様子が変わったら獣医に相談するよう勧めている。一方で現時点では動物の集団調査の必要性はないとしている。

世界保健機関(WHO)や世界獣疫事務局(OIE)の情報によると、犬やネコからヒトへのCOVID-19 感染症例は確認されておらず、この感染経路を証明するものはない。一方で、研究者はネコからネコへの飛沫感染の可能性を認めている。そのため農業監督庁は、新型コロナ感染が多数検出された場所ではペット同士の密接なコンタクトを避けるよう勧めている。

これより前、スペインで動物用コロナ検査キットが販売されたことが報道された。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント