10:05 2021年04月12日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

カナダの研究チームは、新型コロナ感染の初期症状の1つに結膜炎があり得るとの考えを示した。

結膜炎は目とまぶたの裏を覆う薄い透明な膜の炎症で、目に汚れ、菌やウイルスが入った場合に起こる。

カナダ眼科学会誌に掲載された論文の中で、研究チームは29歳の女性患者の症例を挙げている。女性は充血で来院し、結膜炎との診断を受けたが、治療効果が見られなかった。

その後、女性はアジア旅行から帰国したばかりということが判明。コロナウイルス検査をしたところ陽性反応が出た。

アルバータ大学眼科専門のカルロス・ソラーテ准教授は「女性患者に咳や熱はなかったので、当初はコロナウイルス感染を疑うことができなかった。(コロナ)感染症の最初の症状が肺ではなく、眼に現れることがあるとは知らなかった」と指摘している。

また女性患者は合併症などを引き起こすことなく、治癒したことが報告されている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント