05:57 2020年08月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

スウェーデンでは、政府の新型コロナウイルス対応に対する調査委員会を設置することとなった。ブルームバーグが報じた。同委員会は、中央および地方当局が新型コロナウイルス対応としてどのような措置を講じたか、また、スウェーデン国民が制定された規制を遵守したかについて調査を実施する。このほか、同委員会は、他国との比較で感染症対応でスウェーデンはどれほどの成果を得たのかについても評価を行う。

委員会には、医療や倫理、経済の専門家らが参加し、スウェーデン元最高行政裁判所所長が指揮をとる。

委員会は、新型コロナウイルスへの対応に関して各国の対応との比較を行い、政府と地方当局の活動を評価する。最終報告は2022年2月にまとめられる予定で、その期日までに委員会は中間報告を2回公表することとなる。1回目の中間報告の発表は11月30日の予定。 

「フィナンシャル・タイムズ」紙によれば、同委員会は、ステファン・ロベーン政権の感染症対応を批判する野党の要求から設置されることとなった。


スウェーデンにおける新型コロナウイルス

欧州の多くの国々と異なり、スウェーデンは新型コロナウイルスへの対応で厳しい検疫体制を実施しなかった。

同国では、大規模なイベントは中止となり、映画館や博物館は閉鎖となったが、しかし、初等学校の授業は続けられ、カフェや理美容店、商業施設の営業も継続された。

こうした戦略の結果、北欧の隣国と比べ発病者と死者の割合がはるかに高くなった。スウェーデンでは、新型コロナウイルスの感染者数は6万9000人、死者は5370人となり、そのうちの多くは70歳以上の高齢者だった。

政府は、新型コロナウイルスの感染を抑止する措置としては、社会的距離の遵守と手洗いが有効であると強調した。国境の閉鎖は効果のない規制であり、人々に外出を禁ずるなどは愚かなことだと表明していた。また、国民は「集団免疫」を持つことが重要であり、そのために60%が新型コロナウイルスに罹患する必要があるという考えが示されていた。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
スウェーデン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント