07:28 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

韓国では過去24時間で新型コロナウイルスの新たな感染者54人が確認され、感染者総数が1万4714人にまで増加した。韓国保健福祉部の疾病管理本部が発表した。

1日の感染者が50人を超えるのは7月26日以来初めて。

死者数は305人にとどまっている。

11日、日本の新型コロナウイルス感染者は全国で700人確認された。

これより前、TVチャンネルKBCは経済協力開発機構(OECD)の発表をもとに、世界第9位になる見通しであると報じた。

新型コロナウイルスの感染拡大時のさまざまな国の対応を研究した結果、ニュージーランド、韓国、デンマーク、ウガンダの特定の対策を合わせたものが「理想的な組み合わせ」であることがわかった。

新型コロナウイルス

中国当局は2019年12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにしていた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント