21:16 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

経済協力開発機構(OECD)のチーフエコノミスト、ローレンス・ボーン氏は仏の金融新聞「レ・ゼコー」からの取材に、コロナウイルスの世界的流行による世界経済の損失は2021年末までに7兆ドル(732兆4000億円)に上るというの予測を表した。

ボーン氏は世界経済は以前の予測のように、速く回復はできないと語っている。2020年、世界のGDPは6%減という以前の予測に反して、OECDが出していた前向きなシナリオに沿って4.5%減となる。

ボーン氏は「 予算による支援を突然停止し、状況を悪化させる国も出てくるだろうと危惧感を抱いている」と語っている。なぜなら経済大国は今、コロナウイルスの感染拡大対策に支出拡大を余儀なくされており、その結果、国家債務も第2次世界大戦以来の記録的数値に達しているからだ。ボーン氏は、先進国の債務は2020年7月の時点で世界GDPの128%に等しかったと指摘している。

コロナウイルスの感染がピークに達した2020年春の時点での試算では、世界経済の損失は5兆円になると予測されていた。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
経済, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント