12:02 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国の研究チームは、科学雑誌「プロス・ワン」誌上で、コロナウイルスの感染防止に最適なフェイスマスクの素材は絹であるとの研究結果を発表した。絹は水分を通さず、通気性があり、さらに絹に含まれる銅は除菌作用があるためだとしている。

研究チームは、綿、ポリエステル、数種類の絹で作られたマスクで実験を実施。その結果、綿およびビスコース製のマスクは病原菌を含んだ水分をスポンジのように吸収し、マスクを装着した30分から40分後には、マスクとしての機能を失うことが分かった。しかし絹のマスクは、表面に付着した水分がすぐに乾燥するため、使用している間ずっと「呼吸」することができるという。

さらに研究者らによれば、蚕の繭から作られている絹に含まれる銅の微量元素により、素材に抗菌作用が生まれるため、呼吸をすることで細菌やウイルスを死滅させることができるとのこと。

シンガポールでは、これより前に、コロナウイルスの兆候を記録することができるマスクが開発されている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント