09:22 2020年10月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
筆者 :
0 30
でフォローする

バイオテクノロジー分野の米スタートアップKoniku(コニク)は、新型コロナウイルス(COVID-19)を含むありとあらゆる感染を検出できるセンサー「Konicore」の開発を行っている。通信社ブルームバーグが報じた。

Konikuは当初、空港や航空機内で爆発物や化学物質を検出するためのデバイスを開発し、ディナープレートより少し大きい重さ800グラムのデバイス「Konicore」が作成された。

Konicoreは、そこで使用されているバイオテクノロジーとソフトウェアによってわずかなニオイさえも感知し、ニオイの発生源を特定し、テロの脅威の有無を判断することができる。

だが、この「電子鼻」の適用範囲ははるかに広いことがわかった。航空保安(セキュリティ)の他に、医療分野でも使用することが可能。ソフトウェアをしかるべき形で設定した場合、Konicoreで使用されているバイオテクノロジーは人間が吐き出した空気中に存在する生細胞をターゲットとして新型コロナウイルスを含むなんらかの疾患や感染などの検出を手助けする。

学者らはKonicoreについて、近い将来、個別検査だけでなく、公共の場での疾患や病原体の大規模な検出にも使用できるとの見方を示している。

先に学者らは、新型コロナウイルスの感染防止マスクに最適な素材について語った。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント