12:46 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 24
でフォローする

新型コロナウイルス感染を経験した患者はその後、神経系の問題や知能低下に直面しているという。インペリアル・カレッジ・ロンドンの英米の神経生理学者が発見した。研究論文は医学系プレプリントサービス「medRxiv」に登録されている。

様々な症状でコロナ感染を経験した英国人8万4千人強を対象にGreat British Intelligence Testを使った記憶テストと認知スキルテストを行った。年齢、性別、教育レベル、活動領域、慢性疾患も考慮された。

その結果、コロナ感染症が文章や言葉の理解度、課題解決能力に悪影響を及ぼしたことが分かった。一方で数字を記憶する能力、空間記憶、感情の認識に低下は見られなかった。さらに重度のコロナ感染症を患った被験者には、他の感染経験者に比べ、回復後も深刻な知能低下が確認された。

研究リーダーのアダム・ハンプシャー氏は、コロナウイルスが認知機能に影響を与え、回復後も影響が続くという仮説がこの研究により証明されたと話す。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント