15:40 2021年01月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 34
でフォローする

ローマ教皇フランシスコ(84)は、新型コロナウイルスワクチンの接種を今週中にも受ける意向を明らかにした。教皇は、自分だけでなく他人の健康も危険にさらさないようにするため、「倫理的な観点」から誰もがワクチン接種に同意すべきだと考えている。インディペンデント紙が報じた。

同紙によると、教皇は、ワクチン接種を拒否する人は自分自身の健康だけでなく周囲の人々の健康も危険にさらすため、倫理的な観点から、誰もがコロナウイルスワクチンの接種を受けるべきだとし、ワクチン接種プログラムの拒否は「自殺的な否定」だと指摘した。

インディペンデントは、フランシスコ教皇は数カ月間にわたって謁見の際にマスクを着用せず、教皇の健康状態を心配する声が上がっていたと報じている。

教皇はワクチンを2回接種した後、国際的な活動を再開するという。インディペンデント紙によると、教皇は3月初旬にイラクを訪問する予定で、パンデミックが始まって以来初の外国訪問となる。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント