07:35 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 51
でフォローする

ハッカーらが昨年末に欧州医薬品庁のシステムに侵入して得た新型コロナウイルス用ワクチンと製剤のデータをネット上に流した。同庁がサイトに声明を投稿し発表した。

欧州医薬品庁は、現在、治安維持機関が違法行為の事実に対するあらゆる可能な措置に着手していると発表した。また同庁は、データのハッキングと流出は機関の作業に影響しておらず、コロナウイルス用ワクチンと試薬の研究や承認には支障はきたしていないと強調した。

同庁への攻撃がはじめて明らかになったのは2020年の12月初旬。機関はハッキングによって盗まれたデータ元の法人および個人に報告を行ったことを明らかにしている。また欧州医薬品庁は、事件の調査で第三者機関と提携すると発表した。

ファイザー社とバイオエヌテック社は、ハッカーらは同社の製薬に関するデータへアクセスしたが、しかし、同庁の検討下にある他のワクチンデータに攻撃が加えられたかに関しては不明だと発表した。ブルームバーグは、ファイザー社の株価は2.2%、またバイオエヌテック社の米国預託証券は5.1%下落したと報じた。

関連記事

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント