10:47 2021年02月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界保健機関(WHO)は2日、毎週の感染報告を発表し、1月25日からの1週間に世界で新型コロナウイルス感染によって9万6000人以上が死亡し、パンデミックが宣言されて以来、最大の数値となったことを明らかにした。この一方で新規感染者数は3週間連続で落ちており、先週は370万人近くが新たに感染している。この数値は前の週に比べて13%少ない。

WHOの報告では1月25日から31日までの7日間に世界のコロナによって9万6364人が死亡。その前の1月18日から24日までの1週間より9万5991人より増え、最悪の記録を更新した。その一方で先週の新規感染者は368万6110人で、その前週の410万4947人より大幅に減っている。

WHOは「世界の新規感染者数はこれで3週間連続で減少している」と報告している。1月31日の時点で、世界ではパンデミック開始以来、1億200万人以上が感染し、220万人を超す人命が感染で失われた。

先週、感染率が最も目覚ましく低下した地域はアフリカ(27%減)と欧州(18%減)で、これらの地域では死者数もそれぞれ8%低下している。逆に死亡率が上がったのは西太平洋地域の21%増、地中海東部9%増、西半球4%増。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント